花粉症・アレルギー症状全般の改善策や予防法を知りたいアナタへ

花粉症が良くなる サイトへようこそ

今から約20年前、ある日突然花粉症になった私。

体に起こる変調に、当時大学生の私は頭から風邪と断定し、しばらく生活を送っていました。

  • 目がショボショボする
  • 鼻の中をくすぐられている様な不快感
  • 頻繁に出るくしゃみ
  • 全体的な倦怠感

一方、熱はなく、咳も出ない。

そんな症状が2週間以上続き、はじめて

「コレは!! もしかすると・・・」

と気付くに至ったのです。

 

時を経て就職後、さらに悪化する症状に悩まされつつ、オフィスでも、出そうで出ないくしゃみの波に、

「何回来るねんっ!!」

「何回寄せては手前で返すねんっ?!」

と一人で突っ込みたくなる衝動を抑え、黙々と業務へ打ち込む日々。

健康体だった頃、当たり前に楽しめていたあのお花見も、眼鏡付けて、マスクして、薬飲んで・・・お酒飲む・・・みたいな状況です。

あまりにもスギ花粉の飛散がヒドイ日には、滝の様に流れる鼻水が止まりませんでした。

さすがにオフィスでは恥ずかしいので、人知れずマスクの下に鼻の両穴に詰めたティッシュを忍ばせ、やり過ごすという荒業に出たことも・・。

 

大好きだった春。

美しい桜の花も、うららかな風も、満点の星空も、私からすべてを奪っていきました。

花粉がっ!!

 

加えて生まれたての頃から可愛がっていた、大好きな実家の猫(もう少しおばあさんになってます)に対して、追い打ちアレルギー反応。。

正直相当ショックでした。

でもこれが私の本気スイッチを入れる事になりました。

治してやる! 絶対に治してやるぅうう。

 

それからというもの、食生活の見直し、マスクや眼鏡、市販薬や病院、レーザー手術など予防策・改善策を試してきました。

完治には至らずとも、おかげさまで症状ははるかに改善され、憎っくき花粉ともうまく付き合い、春の季節もそれなりに満喫する事が出来ているのではないかと思っています。

本サイトでは、花粉症をはじめハウスダストなどの原因を知り、アレルギー体質を持つ人が何に注意し、どんな方法で改善を目指すべきかについて、有効な手段、優れた対策グッズなどの情報を私自身の経験も踏まえて公開して参ります。

私と同様、今現在アレルギーに苦しむ皆さまにも、花粉症について正しい知識を身に付け、少しでも負担のない日常生活を送っていただければと考えております。

そしてそんな事をしている間に医学が追いついて、やがて花粉症に悩む人の居ない日が来れば・・・なんて能天気な妄想を描きつつ。。

 


 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

コメントは受け付けていません。