アカモク あさイチで話題のスーパーフード 花粉症の症状を大幅緩和

花粉のアレルギー症状緩和に効果絶大!! 海中のスゴイ食材アカモク

「ハーックション!!」

最近、特にくしゃみが多くなってきて、目のかゆみも辛くなってきているワタシ。

花粉症に悩む皆さんにとっても、飛散のピークを迎えて、目や鼻の症状も大変な状態になっているのではないでしょうか?

このシーズンは症状を抑える薬も飲むけれど、アレルギー反応に良くないとされるモノを遠ざけ、良いとされるモノを積極的に摂る事に気持ちがいっちゃいますよね。

だってそれくらい辛いんですもの・・。

毎朝のルーティンになっているヨーグルトを食べながら、NHKのあさイチを見ていると、花粉症に効く?!と ”アカモク” という食材が取り上げられていました。

 

アカモクってなぁに?

アカモクは上の画像にもあるように、もずくやひじき等と同じ海藻の一種です。

別名 ”キバサ” とも呼ばれています。

他の海藻類と比べてもミネラルが豊富で、いわゆるネバネバ食材系。

これらをはじめ

  • ビタミン
  • ポリフェノール
  • フコイダン

などの成分も多く含まれ、アレルギー体質の人以外にも、身体に良い食材として食されています。

 

アカモクの煮汁を3日間投与したマウスの実験結果では

花粉症状が 1/3 に減少

と超短期間で絶大な効果が確認されています。

 

そんな効果を得る為に必要な量は、たったの0.3g!!

 

アカモクには驚きのダイエット効果も

 

加熱処理を加えるまでは、なんだか全体的に赤みがかった色のアカモク。

実はこの赤い色素に含まれている ”フコキサンチン” という成分に、脂肪を燃焼するという効果が発見され一躍注目を浴びています。

 

90㎏台の女性150人を対象としたある実験結果での話。

フコキサンチン2.4㎎を4か月間摂取し、ビフォー&アフター効果を調べたところ、

体脂肪率が平均なんと15%減

という結果が弾き出されたのです。

あさイチより引用

そしてこのスゴイ効果をもたらしたフコキサンチンをより多く含む食材は何かと調べたところ、アカモクに白羽の矢が立てられたんです。

含有量はわかめの2倍、昆布の6倍と他の食材を圧倒している事がわかりますね。

 

この成分の何がスゴイって、通常は脂肪を燃やす為に、体内の褐色脂肪細胞という存在に頼らないといけないところ、フコキサンチンはこれに頼らずガンガン燃やす事が判明!!

更に更にこのアカモク、日本全土に分布していて、1年を通してとれる海藻ですが、その旬は3月~5月。

旬のアカモクは通常のアカモクに比べて、約3倍ものフコキサンチンを含むので、まさに今がねらい目なのです。

但し、体内に摂りいれられたフコキサンチンは一日でなくなっちゃうので、毎日摂取が基本。

効果を得る為には、一日10gを目安に致しましょう。

あかもくぎばさ冷凍【送料込み】 三高水産(200gx3袋) 楽天市場
きばさ(あかもく)【冷凍】1㎏セット(200gx5袋)【秋田県男鹿半島産】 amazon

 

そんなアレルギー対策、美容効果の両面で素晴らしい効果を期待できるおすすめ食材、アカモクですが、乾燥状態のパックで販売されているので、早速調達して試してみてくださいね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

コメントは受け付けていません。