花粉シーズンでも布団を干したい?! 残された選択肢と救世主アイテム

既に洗濯物でも花粉のリスクについて説明しましたが、今回はお布団についてのお話。

ずっと同じ布団で寝ていると、綿がヘタったり、ジメジメしたりと不快感が高まり、良質な睡眠が摂りにくくなります。

人間は一晩に約コップ一杯の汗をかくというのですから、何も不思議ではありません。

でもそうなると、「干したい」気持ちも高まりますね。

そんなアナタにおすすめの方法を幾つかご紹介しましょう。

 

家干し派のアナタの場合

あぶない時期は ”花粉には触れない” を堅守するあなた、アレルゲンリスクがそれだけで抑えられるので正解です。

でも布団にカビが生えたり、ダニ・ノミが発生したら、それはそれで別のアレルゲンになっちゃいますね。

そんな場合は

  • 日光の当たる窓際で室内乾燥:朝目覚めてから、外出するまでの間にこうしておけば、帰宅時までには充分湿気が取れます。
  • 布団(あるいはマットレス)用汗とりパッドを敷く:直接布団に触れない為、湿気が移りにくく、室内干しの頻度も抑えられる
  • 布団乾燥機を使う:”乾燥”という役割だけでなく、高温設定で”ダニなどを排除する”メリットもあります
  • 丸洗い可能な布団を使う:いつでも洗浄が可能

 

など少しやり方を変えるだけでもスグに出来る効果的な方法や、便利なお助けグッズの力を活用する事で、より楽により簡単に心地よい環境を維持する事が出来るのです。

花粉が怖くて布団を干せなくてもOK! ジメジメシーツとサヨナラ

布団を洗濯するとなると、洋服の様に簡単にはいかないもの。

敷きパッドを外して洗う事で、長期間生活に保つことができます。

サイズ展開:シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングより選べます

寸法目安:約100㎝X200㎝(シングルサイズの場合)

ココがスゴイ:抗菌防臭・防ダニ効果が2~3年も続く、安心の帝人ファイバー製

ユーザーのレビュー:多くのユーザーに好評だったのは、冬用あったかフランネル素材表面の肌触り。

今すぐ希望のサイズを探す

 

 

外干し派のアナタの場合

いや、”私は太陽の光の下でないと干した気がしない” という方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合は

  • 花粉対策布団カバーを使う:花粉の活動が99%抑えられる
  • 専用クリーナーを使う:花粉除去と殺菌効果の両方で、布団がスッキリ

 

を使う事で、花粉シーズンでも乗り切る事が可能になります。

いつも通りおひさまで外干し 花粉とハウスダストが付かない布団カバー

超極細の繊維が余計なすき間をなくし、花粉、ホコリ、ダニ、ペットの毛からアナタを守ってくれます。中に入り込む心配がないから、表面をキレイにすれば安心。

掛け布団カバー、敷き布団カバー、まくらカバー、ベッドシーツなど用途に応じて選べます。

サイズ展開:シングル、セミダブル、ダブル、クイーンほか、様々なサイズより選べます

カラー展開:全8色

寸法目安:約150㎝X210㎝(シングルサイズの場合)

ココがスゴイ:高密度生地の為、洗濯後も防花粉、防ダニ、防ハウスダスト効果が持続

ユーザーのレビュー:アレルギーやアトピーの症状が緩和された、猫の毛も絡まない、安心して眠れるなど、使用後実感する声が多数で、サイズによっては売り切れになってしまっている商品も。

今すぐ希望のサイズを探す

家干し、外干しに関わらず、あるとありがたい花粉・ハウスダスト抑制に役立つおすすめグッズです。

全ては快適な眠りの為に。

 

外干し後は、必ず表面をクリーニングしてから使いましょうね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

コメントを残す