ちゃんと見てる?! 花粉症治療薬の成分 気になる効用と副作用

花粉症の治療薬の種類を知ろう

花粉症に対抗する薬には、現在様々な種類があります。

そしてそれらの中には、効用と共に副作用などを伴うものもある為、知っておくほうがベターです。

”良く効く”という理由だけで、安易に使い続けた結果、後悔する事にならないように、私たち素人も最低限の情報は持っておきたいものですね。

ここでは花粉症のアレルギー反応に対して採用されている主なクスリをまとめてみましたので、宜しければご参考に。

第1世代 抗ヒスタミン薬 第2世代 抗ヒスタミン薬(初期) 第2世代 抗ヒスタミン薬

主な薬:ポララミン、タベジール

効用:”ヒスタミン”を働きを抑える。 くしゃみや鼻水の症状緩和に即効性が高い。

副作用:眠気、ノドの渇き

使用を避けるべき人:前立腺肥大、緑内障の症状を抱える人

 

主な薬:ニポラジン、ザジテン

効用:第1世代と比較して、中枢神経の抑制作用が弱められている為、副作用が起こりにくい。

副作用:人により眠気や倦怠感が起こる、長期服用で肝機能障害発生のリスク


主な薬:ジルテック、ザイザル、アレロック、アレグラ

効用:くしゃみや鼻水に即効性・持続性が高い。 1日1度の服用でも長い効果が期待できるものも。

副作用:人により目抜けや倦怠感が起こる、前立腺肥大の人は排尿に影響、目のかすみ、光線過敏症の恐れ

ロイコトリエン 受容体拮抗薬 トロンボキサンA2 受容体拮抗薬 Th2サイトカイン 阻害薬

主な薬:オノン、キプレス、シングレア

効用:鼻粘膜を腫れあがらせる”ロイコトリエン”の受容体をブロックし、鼻づまりに効果を発揮

副作用:胃腸障害、肝機能障害などの恐れ、血小板や白血球の減少

 

主な薬:バイナス、ベガ

効用:トロンボキサンA2受容体をブロックし、鼻づまりを改善

副作用:歯肉出血、鼻血など、肝機能障害や胃腸障害の恐れ

主な薬:IPD

効用:”Th2サイトカイン”を抑制し、くしゃみ・鼻水・鼻づまりを改善

副作用:吐き気や胃の不快感、ネフローゼ症候群のリスク

ケミカルメディエーター 遊離抑制薬 漢方薬 ステロイド点鼻薬

主な薬:リザベン

効用:副作用が少ないのが特徴、継続服用する事で緩やかにくしゃみ、鼻水、鼻づまりに効いていく

副作用:膀胱炎、頻尿、発疹やかゆみなどのリスク

主な薬:小青竜湯

効用:漢方の麻黄、桂皮、芍薬などが配合されており、アレルギーや炎症を抑える

副作用:食欲不振や胃の不快感、高血圧の恐れ、肝機能障害

主な薬:アラミスト、ナゾネックス

効用:使用後1~3日間で鼻の炎症、アレルギー症状を改善

副作用:鼻血、じんましん、鼻の刺激痛など

ステロイド内服薬

主な薬:セレスタミン

効用:くしゃみ、鼻水、鼻づまりに、抗ヒスタミンと副腎ホルモンが非常に高い効果を発揮

副作用:眠気や口の渇き、長期服用で骨粗しょう症や胃潰瘍のリスク

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

コメントは受け付けていません。