鼻の粘膜をケアしてアレルギー症状を和らげよう 

鼻のかみすぎ・点鼻薬の使い過ぎはヤバイ

「びぇ~ クシュン!!」

連続するくしゃみは辛いだけじゃなくて、体力も消耗しちゃいます。

オフィスではちょっと恥ずかしいし、薬で抑えるもののどうしても若干の眠気だったり、独特の少しのぼせた感じは不快ですよね?

結局室内なのに、内服薬にマスクに目薬が離せなくなっちゃう。。

私の場合、特に鼻の症状がいつも一番ツラくなるんです。

でも過去に多用して粘膜に痛みを感じたり、鼻をかみ過ぎて鼻血が出たりしたんで、点鼻薬だけは持っていても、ここぞという時まで我慢して使う頻度は抑えてます。

点鼻薬はよ~く選ばないとダメですよ

 

みなさんはいかがですか?

 

私はそんな事があった以降、粘膜が炎症を起こしてしまう前に、続けている事があります。

個人差はあるかも知れません。

それでも効果を実感したので、これは絶対一度は試してもらいたいのです。

 

冒頭になにゆえ”ボクシングの画像?!”のワケ

点鼻薬の話と、まるで関わりのないこの画像・・・違和感を感じた人もいたでしょう。

傷ついたボクサーが血止めに使っているのは、ワセリンである事をご存知でしょうか?

ワセリン自体は成分的にも全く無害、副作用なし、非常にお値打ちで入手可能等々、良い事づくめ。

そして粘膜の上に、”ワセリンの壁”を作ってくれるので、花粉が付着してもガードしてくれる非常に心強いアイテムです(それでも私、マスクはしてますよ)。

そうすると、くしゃみの回数は激減するし、鼻水もグッとマシになります。

目安は1日に3~4回くらい塗りなおす感じで、続けると効果を実感できるはずですよ!!

も~バンバン活用してください!!

 

実は同じ効果を持つ商品が、”鼻に塗る花粉薬”として、既に世間に出回っています。

ア〇ルシャット や ク〇スタルベール

等という商品ですが、量が少ないし高いです。

これは買う必要ないと思います(キッパリ)。

ワセリンのコスパの足元にも及びません。

 

ちなみに塗り方については

  • 綿棒の先に米粒大のワセリンをすくい取る
  • 鼻の穴の奥、およそ1センチ程度まで、左右両方ていねいに塗りつける
  • 塗り直しの目安は4時間おきに。 その際、簡単に拭きとって(花粉が付着しているかも知れないので)から塗る事

でかなり快適を実感してもらえると思います。

 

花粉防止策もこうやって、かけるべきところに費用をかけ、代用出来るところは賢く活用していってください。

安全なので、お子様にも塗りたくってやってください(笑)。

 

ワセリンご存知ない方、点鼻薬について詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

 

鼻とノドの防護対策おすすめグッズ

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

スポンサードサイト

コメントを残す