指圧で乗り切れ! 【番外編】アレルギーにズバリ効くツボ

ツボ押しで全体のバランスを整えて、症状の軽減を図ろう

※上の画像はイメージです

目や鼻の不調、花粉症のアレルギー症状に直接アプローチするツボのご紹介をして参りましたが、今回の番外編では、それらの効果を側面からサポートする事が特徴となっています。

 

全体のトラブルに役立つツボを押してみよう

合谷(ごうこく)

ツボの位置の探し方と目安:手の甲を上から見て、人差し指と親指の又の間

押すと得られる効果:肩こり、便秘、花粉症、歯痛、蓄膿症

ツボの押し方と目安:ツボとは反対の親指でグイーッと圧力を加えていく感じで進めましょう(この時人差し指または中指で反対側から支えます)。 イタ気持ちいいと感じる位の刺激を与えつつ、3~5秒間隔で5回繰り返しましょう。

 

 

少商(しょうしょう)

ツボの位置の探し方と目安:親指の爪の生え際(付け根)、外側(小指と反対側)の端

押すと得られる効果:風邪の初期症状・花粉症・熱中症の緩和

ツボの押し方と目安:ツボとは反対側の親指と人差し指で挟みましょう。 親指の爪を立て、ツボである生え際をピンポイントで刺激しましょう。 約5秒間の刺激を左右10回繰り返しましょう。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

コメントは受け付けていません。