花粉飛散の本格シーズン突入【花粉光環】こんな日の外出が危ない?!

東京に大量飛散の兆し

3月3日の桃の節句、東京は晴れ渡り温かい一日。

ふと空を見上げると

「あれっ?!」

雨も降っていないし、曇ってもいないのに、太陽を中心に虹の輪っかが・・

 

 

太陽光環の模様

※出展 pbs.twimg.com

 

 

この気象現象を花粉光環(かふんこうかん)と呼びます。

なんだかお釈迦様が現れる時のオーラの波紋の様ですが、そんな心安らかな代物ではありません。

文字通り空気中に漂う大量の花粉の影響で、太陽光線が回折することで起こる現象です、柔らかく表現すると ”空気中の沢山の花粉が、太陽の光を曲げる” とイメージしてください。 

ただ花粉の飛散量が多いというだけでは、見る事が出来ません。

  • 前日に雨が降って、空気中のゴミが地上へと流されて、空が澄み渡っている
  • 大量の花粉飛散が確認され、それが強風で拡散されている

という幾つかの条件が重なる必要があるのです。

見た目は珍しくキレイなのですが、花粉症の方達にとっては “無闇に軽装備で外出するな” のサインと思って、覚えておいてくださいね。

この現象は夜の月の明かりの下でも起こりますので、花粉の時期はいつもよりもお日さまとお月さまの様子をチェックするようにしましょう。

 

このサインが出た東京だけでなく、西日本全般も含めてこれから3月中旬まで、ずっとスギ花粉のピークに向かって進んでいく事が予想されています。

今もし症状が軽い方も油断をせず、日々花粉防止に努めてピーク時期をうまくやり過ごしましょう。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

コメントは受け付けていません。