■未来の花粉症治療 好酸球浸潤抑制薬

米国の製薬会社が開発を推進している薬

”遅延相反応”に着眼し、好酸球が鼻の粘膜に集まってくる動きを防ぐ事で、アレルギー反応をさせなくするのが目的です。

※遅延相反応とは

好酸球が集まるためには、サイトカインが間に立って働く事が前提ですが、このサイトカインの働きを抑える成分が含まれています。

※サイトカイン

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 Kafunsho ga Yokunaru

コメントは受け付けていません。