インフルエンザと花粉症の時期がモロかぶり 感染予防を徹底しよう

今現在も猛威を振るっているインフルエンザ。

1月2日から1月8日の1週間で、なんと推計81万人がかかってしまったと見込まれているそうです。

ここを山に落ち着いていくんだと安心している人、間違いです!!

インフルエンザのピークは1月後半から2月初旬です。

そう、本番はこれからなのです。

 

インフルエンザにかかるとどうなるの?

インフルエンザに感染してしまっても、実のところはじめは分かりません。

本格的に ”発症” するのは、1日~3日後となります。

第1段階の症状として、

いきなり38度以上の高熱が出る

  • 全身にけだるさを感じる
  • 食欲が湧かない

などが挙げられます。

 

次に第2段階として、

  • 咳、のどの痛み、鼻水
  • 腹痛・嘔吐感

などの症状が出て、治るまでに10日程度かかる見込みです。

いわゆる一般的な風邪と比較して、その症状が激しい事が特徴です。

 

朝の情報番組では、人が持つ ”免疫力” についての解説がありました。

病気やウイルスに感染しないように、それらに対抗する力を指しますが、それは年を重ねるごとに衰えていきます。

その免疫力のピークが20才である事を前提に見てみると、

  • 40代で1/2
  • 50代で1/3
  • 70代で1/10

という結果が出ております。

※TBSビビットより引用

この様に高齢化によって、ドンドン病気に対する抵抗力が恐ろしい程のスピードで弱まる事が、数字で改めて示される結果となりました。

只でさえ感染力の強いインフルエンザですから、元々備わっている免疫力だけに頼らず、私たち自らが正しく予防を実践する必要がありますね。

 

インフルエンザに感染しない為にすべき予防策とは?!

インフルエンザの感染を予防する方法として、まずは何を置いても優先すべきはワクチン接種です。

効き目を得るまで、10日~2週間程度かかりますので、早めに行うよう心がけましょう。

ちなみにインフルエンザのピークに目標を定めた場合、1月の第3週には済ませておきたいところです。

このワクチンは残念ながら100%全ての方に効くわけではありません。

しかし接種したおよそ60%の人に効果が確認されており、インフルエンザにかかってしまった人をみても、その症状は軽微に留められるようです。

 

その他に、各家庭で行う予防策として重要なのが、手洗いです。

もちろんうがいやマスクも有効なのですが、こまめに手を洗う事が最も危ない感染経路を断つ事ですから、覚えておいてくださいね。

 

次に体調管理として、きちんと睡眠時間を取るという事も大事です。

冬場の就寝時は特に寒く、空気も乾燥しがち。

低温・低湿度で眠りに着くと、鼻づまりや口呼吸になりやすいと考えられていますので、理想的な目安として

  • 温度:15度以上
  • 湿度:50%以上

をキープするよう心がけましょう。

 

最後は十分(こまめ)な水分補給です。

冬場は空気が乾燥しているうえ、水分も少なくなりがちです。

体内の水分が不十分な状態では、粘膜を洗う機能が十分果たされないので注意しましょう。

 

それでもインフルエンザに感染してしまったら・・

きちんと環境や自分の体調管理に気を配っていても、感染してしまった場合はどうすれば良いでしょう?

現在インフルエンザの治療薬は、幾つかの種類がありますので、それぞれの特性を理解した上でご利用ください。

タミフル リレンザ イナビル

カプセル剤

インフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用

効能:体内でのウイルス増殖を防ぐ

副作用:下痢もしくは嘔吐

異常行動(10代に発生した為、10代は使用禁止)

吸入薬

インフルエンザ症状が出たら、初回のみ可能な限り早めの吸入が重要

効能:ウイルスの増殖を抑制する

※吸入による患部直接作用で、タミフルよりも即効性アリ

副作用:下痢、発疹、嘔吐感、動悸

 

吸入薬

効き目が長く、1回の吸入だけで完了、その後の治療は不要

効能:ウイルスの増殖を抑制する

※吸入による患部直接作用で、タミフルよりも即効性アリ

副作用:下痢、胃腸炎、じんましん

 

くれぐれもこの後に訪れるであろう ”花粉のシーズン” と重なる事のないよう、ご注意ください。

私たちの戦いは、そこからなのです!!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

スポンサードサイト

コメントは受け付けていません。