花粉対策の基本中の基本!! ちゃんと眠ってますか?

質の良い睡眠で花粉を跳ね返そう

これは何もアレルギー反応だけに限定した話ではありません。

とはいっても

鼻は詰まって呼吸すらしんどいわ、その上くしゃみは出るわで、どうやって安眠できるのっ?!

おっしゃる通りです。

しかもコレだけやれば完璧なんて方法はなくて、地道な工夫の積み重ねが必要なんです。

※詳しくは以下ページにて

アレルギー症状の緩和と予防策

「仕事ではベストパフォーマンスを引き出したい、プライベートは思い切り楽しみたい・・・。」

そんなアナタの願いをかなえるべく、数ある中からより効果の高い方法を選りすぐってご紹介いたします。 これは出来るかも?という事は、積極的にどんどん取り入れていってくださいね。 続きを読む

真面目な話、昼間は薬の影響で眠気やだるさがあるし、夜眠らなきゃ健康なんて維持出来ません。

睡眠については、様々な学説が出ています。

例えば

【6時間未満の睡眠時間の人は、6時間以上の人と比べて死亡率が2.4倍も高い】

という説があるかと思えば、

【ショートスリーパーと言われる人たちは、毎日4時間の睡眠でも活動に支障がない】

なんて真逆の話になってりしてます。

 

私は、もう主観で判断頂くのが一番だと思います。

量(時間)ではなく深さ(質)にこだわっていきましょう。

疲労感が凄いと感じるなら、それは休息が必要ですし、淡々と生活しているようなら、そのままでもOKでしょう。

 

色々試して、それでも夜に眠れない人は、昼間に眠っちゃいましょう。

この昼寝には、時間別に少し面白いネーミングと効用があるので、ご紹介します。

マイクロ睡眠(2~5分間):強烈が眠気を去らせる効果

ミニ睡眠(5~20分間):集中力の回復・疲労への癒し効果

パワー睡眠(約20分間):眠気が取れ、身体と脳・筋肉の疲労回復効果

一度試して効果を実感するのもアリかと思います。

でもあまり寝すぎると、逆に体調バランスを崩したりしちゃうそうなので、ホドホドに。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

スポンサードサイト

コメントを残す