OASってなぁに? 花粉症の人は野菜、フルーツに気を付けるべし

口の中で起こるアレルギー OASは食べ物によって引き起こされる

OASを初めて耳にする人もいるでしょう。

でも

メロンを食べるとなぜか調子が悪くなる

アボカドは好きだけど、口の中がかゆくなる

などの症状を経験した人は中には居るはず。

 

そんな人はこのOASを疑いましょう。

OASとはOral Allergy Syndrome、つまり口腔アレルギー症候群と呼ばれる立派なアレルギー症状の一つで、なんと花粉症を抱える人達に見られがちな反応なんです。

というのも、野菜やフルーツに含まれる成分が、なんと花粉のアレルゲンと成分が似ているからなのでそう・・・。

 

さらにバッドニュースは終わりません。

例えばスギやヒノキの花粉症のアナタなら、トマトは大敵なのです!!

・・はい、これワタシのことです。 そしてトマトは大好物です。

 

トマトは医者いらず

って言ってたんちゃうんかー! ちゃうんかー! ちゃうんかーぁあああああ?!

トマトにダメ出しされてしまうと、パスタやピザ、ミネストローネなどなどワタシの愛してやまないメニューが全滅です。

・・・ではないのです!!

生のままの状態なら、嫌な症状がでるかも知れませんが、加熱調理をすれば成分変化を起こすので、食べられる事もあるのです。

現にワタシはそれで問題なく過ごせています。

※但し始めは少量でテストしてください

 

そしてもし子供のいる親御さんなら、頭ごなしに

「好き嫌いせず食べなさい!」

ではなく、アレルギー反応が出ていないかなどについても目をかけてあげてください。

嫌いな食材の理由に、もしかするとそういうケースを疑ってみるクセをつけておきましょう。

 

一気にチェック!! 花粉と食物アレルギー一覧表

花粉の種類 アレルゲンと似た成分を持つ食物類
スギ・ヒノキ トマト
ハンノキ バラ科(リンゴ、桃、梨、ビワ、サクランボ、いちご)

ウリ科(メロン、スイカ、キュウリ)

大豆(豆乳含む)、キウイ、オレンジ、ゴボウ、ヤマイモ、マンゴー、アボカド、ヘーゼルナッツ(ハシバミ)、ニンジン、セロリ、じゃがいも、トマト

シラカバ(シラカンバ) バラ科(リンゴ、桃、梨、洋梨、スモモ、杏子、サクランボ、いちご)

ヘーゼルナッツ(ハシバミ)、クルミ、アーモンド、ココナッツ、ピーナッツ、セロリ、ニンジン、じゃがいも、キウイ、オレンジ、メロン、ライチ、香辛料(マスタード、パプリカ、コリアンダー、唐辛子)

カモガヤ メロン、スイカ、トマト、じゃがいも、玉ねぎ、オレンジ、セロリ、キウイ、米、小麦
ブタクサ スイカ、メロン、ズッキーニ、キュウリ、バナナ
ヨモギ ニンジン、セロリ、レタス、ピーナッツ、栗、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ(ハシバミ)、ひまわりの種、じゃがいも、トマト、キウイ、香辛料(マスタード、コリアンダー、クミン)

食べてすぐは大丈夫でも、しばらくしてから口の中が腫れたり、唇がかゆくなったり、果汁のかかった皮膚の部分に湿疹が出たりするのは、これ全てアレルギー反応です。

アナタのお子さんが、単なる好き嫌いの問題なのかをよ~く見極めてあげてくださいね。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 Kafunsho ga Yokunaru

スポンサードサイト

コメントは受け付けていません。